ずぼら主婦のハッピーライフ🍀

好きなことは『お得』『美食』『旅行』『友達とおしゃべり』『ギャンブル』『FX』『映画』『海外ドラマ』

無料でディズニー!無料で家族旅行にいく方法!月5万円のへそくり!はここから

【映画】グラウンドブレイク

あらすじ

1988年にアルメニアで起きた20世紀最大と言われる地震を基にした映画で、生き残った人々が懸命に救助作業に当たる。

 

これはちょっとショックでした。かなり犠牲者が出ただろうなぁと思います。

地震が少ない地域だったのかなぁ?家がコンクリート?石造りなんですね。

あれは・・・死んじゃうだろうなぁ。

瓦礫感半端ないです。他の地震映画もよく観ましたが、これほど瓦礫感ある映画は初めてです。

救助のために掘り起こすんですけど、ホント絶望的。一個一個取り除いていくしかないんですねぇ。

 

被害が大きいのでまた明るい要素はほぼないんですが、それにしたって内容が暗いのはロシア映画だからでしょうか?

悲壮感満載です。何がって当り前だけど小さい子供が亡くなったり、親が亡くなったり。

それでも関係を問われた時、孤児を抱きしめながら『親戚です』と答えた青年が印象的でした。

 

中東のほうの感覚なんでしょうか?『兄弟』実際映画の中でははとこらしいですが

こう言い切るんですよねー。

日本ではなかなかない感覚ですよね。もちろん身内は大事ですけども。

人種の繋がり?宗教の繋がり?よくわかりませんが、きっと家族愛は強いんだろうなって思いました。

 

明るい要素は少ないし、聞きなれない言語なのですが映画としてだけじゃなく

実際こういう地震があったって事を知らなかった自分が恥ずかしい。

 

映画自体はもっと掘り下げて、少し明るい要素も欲しいと思いますが

たぶん忘れられない映画なので・・・

★★★★★

 

f:id:chiatan315:20170712064942j:plain

 

www.world-is.com

www.world-is.com

www.world-is.com