ずぼら主婦のハッピーライフ🍀

好きなことは『お得』『美食』『旅行』『友達とおしゃべり』『ギャンブル』『FX』『映画』『海外ドラマ』

無料でディズニー!無料で家族旅行にいく方法!月5万円のへそくり!はここから

【酪農おしごと】廃用(はいよう)

先日のダイエット日記でちらっとぼやいたんですが、若牛が一頭やらかしました。

あんまり多くないケースですがこういう事もあるんだなーと思ったので記事にしようと思います。

 

うちの場合、幹乳(ドライ)というバカンス期の経産牛と一緒に初産牛も同じフリーストール牛舎にいます。

出産前になるとバカンス舎から搾乳群のいる牛舎へ移動させるのですが、初産牛にとっては初めての場所になります。

大体は経産牛の様子をみたり、同じ時期に産む若牛と一緒に行動したりしながら牛郡や人間、そして新しい環境に慣れていくんですが

事故は移動した翌日に起きました。

 

搾乳前、既にいる牛達を搾乳する牛舎に追い込んだ後

バカンス舎から移動させました。ここは特に問題なく。新しい場所なのでとりあえず一日はゆっくりさせます。

翌朝。他の牛たちと一緒に搾乳舎へ追い込んでスタンバイです。

 

大抵の若牛はおっかなびっくり、勢いのまま先頭集団に紛れて搾乳ゾーンに入る牛。最後まで様子を見ている牛。なんとなーく平気な様子で搾乳牛と一緒に入る牛など。

本当に様々です(笑)

古いつなぎ牛舎を改装したアブレストパーラーです。

10頭入れ、搾乳が終わったら外に出します。

通路を怖がる牛、スタンチョンに首を入れられない牛。まぁ初めての場所、初めての経験なので

初日は搾乳ゾーンに入って、出口を確認できればよしとしています。

大抵の牛は他の牛の様子を見たり、一緒に行動することで理解していくんですが

今回の牛はちょっと雰囲気が違いました。

 

最後の方でしたが、すんなり搾乳ゾーンに入ってきました。

当然どうしたらいいかわからず、ウロウロ。何を思ったのか自分が出てきた入口に戻りたそう。

旦那サマとふたりで何とかスタンチョンへ向かわせようとしましたが、落ち着かない様子。

他の牛が出ていく様子を見せても、そこまで行けない・・・。

まいったねぇ。と、最終組の搾乳が終わるまでとりあえず放っておくことに。

全ての牛を搾乳ゾーンに入れたあとも、戻りたそうに入口にはりついています。

 

そして旦那サマが入口近くの牛の搾乳をしようと少し近づいた途端・・・。

 

ドンッッ

 

・・・。唖然。扉の上を飛び越えられると思ったのか、亀状態です。

扉の上でバタバタ。・・・(;一_一)

この時はまだ後ろ足がかろうじて着いている状態だったので、冷静になれば戻るだろうと踏んでいました。

どうしたもんか・・・。少しずつ後ろに戻って・・・

 

ドンッッ

 

座り込みです。(;一_一)しかも前足を扉部分にはさめて。

人力でどうにかなりそうな感じはないので搾乳を終わらせます。

搾乳中バキバキと嫌な音をたてています。

 

搾乳後、旦那サマがボブ(リフトのようなショベルのような小さい重機)を持ってきて吊り上げ足をはずすとの事でした。

私はロボット牛舎へ行き、新人(牛ですけど)を追い込んだり牛乳の集荷準備をします。

そこへLINEが。

 

『ヤバいかも。』

 

あぁ。でしょうね。バキバキいってたもんなぁ・・・。痛めた程度ならいいんですが。

 

獣医の診察の結果。骨折でした。

廃用確定です。馬と同じく、牛も骨折したら立ち上がれません。

廃用自体は珍しくないんですが、今回の牛は妊娠牛。しかもあと10日もすれば出産するという人間で言う臨月の状態です。

 

『帝王切開でコッコ出してもらって。』

 

自分で言ってびっくりしました。

それでも、明日には嫌でも殺されてしまう母牛です。せめて子牛だけでも。との思いでしたが、びっくり。

旦那サマが獣医さんに話したところ、快諾してもらえたそうです。

手術は明日。そして即日廃用、明後日集荷されていくことになりました。

 

手術は無事終了。子牛は雌でした。命を繋ぐ事が出来てよかったなぁと一安心。

そして母牛は獣医の配慮で安楽死させてもらえました。

もう痛くならなくてよかったなぁ・・・と思っていました。

 

でも最近ちょっと思うんです。

確かに骨折してて、帝王切開して。痛いのには違いないんだけど、

 

もしかしたら一目だけでも子牛を見たかったかもしれない。

少しだけでもリッキングしたかったかもしれない。

一度だけでも母乳を飲ませたかったかもしれない。

 

と。 

まぁ。答えなんてわかりませんけど(笑)

それでも同じメスとして、私だったらどうだったろうなぁと考えさせられる出来事でした。

 

www.world-is.com

www.world-is.com

www.world-is.com

f:id:chiatan315:20170411072844j:plain

らくのうかるた。食育活動の一環でこんなの作ってます(笑)興味がある方はご連絡ください(笑)販売もしています。