ずぼら主婦のハッピーライフ🍀

好きなことは『お得』『美食』『旅行』『友達とおしゃべり』『ギャンブル』『FX』『映画』『海外ドラマ』

無料でディズニー!無料で家族旅行にいく方法!月5万円のへそくり!はここから

【先天性巨大色素性母斑】治療

前回はこちら 

www.world-is.com

 

私は父親譲りの気の荒い性分で、よく怒鳴り散らします(笑)

 

当時はまだ20歳、そしてすぐ下の子を妊娠、出産。毎日大荒れでした。

何より『甘やかしちゃいけない。まっすぐに育てなくちゃいけない。』というプレッシャー。

若かった事もあり『若いお母さんだから・・・』と言われないように躾もちゃんとしなければと思っていました。

 

そんなある日。義母に『ちょっと厳しすぎないかい?』と諭され少し考えてみました。

確かに最近怒ってばかり。

 

どうやったら【強い子】になるんだろう?

 

いつも②そればかり考えていました。

 

一歳を前にいつも通り形成外科へ定期診察に行くと、先生が少し興奮気味でこう提案してくれました。

『札幌の病院なんですが、レーザー治療が有力だと学会の発表でありまして…』

 

 

今ではレーザー治療は当たり前になってきましたが、

 

 

20年前の当時、医療技術が遅れがちな北海道では画期的な治療法でした。

 

 

その病院は個人病院でしたが、レーザー治療においては有名な先生らしく

 

 

実際通院している時もよく学会や発表に出掛けているようでした。

 

 

私達はすぐその先生の元へ行きました。

 

その病院は本当に混んでいて、全道あちこちから来ている患者さんであふれていました。

予約時間から2時間位過ぎるとやっと診てもらえる混雑具合です。(笑)

 

先生は見慣れた様子で【先天性巨大色素性母斑】の説明、そしてレーザー治療の説明をし、

『子供が大きくなればアザも大きくなる。やるなら早くやらないとダメ』

とおっしゃいました。確かにそうです。

それでもそれだけ混んでいる病院。半年先まで予約がびっしりのため、なかなか簡単に予約が取れません。

通常15分もあれば終わる治療も、うちの場合は到底足りず…。

出来るだけ広くやるため時間が必要なんですが、何もなくても2時間待ちの病院。

それでも先生は予定を調べ、短く済むと思われる治療の合間を空けてくれる事に決まりました。

『1度予約してしまえば後は何とかなるから。』

まだ治療もしていない内に2ヶ月毎に半年先までの予約を何とか入れる事ができました。

 

治療費は1回10万円、そのほか治療後に使う薬やテープ等で2万円前後

そして交通費を含めると15万円ほどかかります。

宿泊は北広島に前夫の叔父さんがいたので、度々お世話になっていました。

 

『ホテルに泊まる』という選択肢はなかったんですねー(笑)

今の私だったら間違いなくホテル一択ですが。

叔父さんはともかく、叔母さんは苦手でした。

まぁ常識的に考えて今時(20年前ですけど・笑)叔父さんの家に泊まる。しかも子連れで。しかも度々。そして晩御飯、朝御飯をいただいて何もせず(笑)

そりゃあ、私だったらブチ切れるだろうなってレベルですよね(;一_一)

 

治療の回数が進むにつれ、初めは笑顔で迎えてくれていた叔母さんもだんだんそうではなくなってきました。 

こういうのって大人になっていく時に少しずつ学んでいったり、母親から言われたりして覚えていくんでしょうけど

高校中退。そしてそのまま同棲、結婚。と社会常識を学ぶ機会も親から教えられることもなく大人になってしまいました。

まぁ。私の親は出不精で親戚関係はもちろん、ろくに旅行も行かないような人たちなので一緒にいても勉強にはならなかったでしょうけど(笑)

 

治療はまだ子供が小さいので麻酔を使います。

そのため、前日の夜から絶食そして治療となりますが

混んでいる病院なのが変わるわけでなく、午前中の治療予定が大体お昼くらいになるのが常でした。

 

麻酔自体はおしりに一本だけ。だんだんとボーっとしてきます。そこからは先生と看護婦さんに連れられて治療室へ。

私達は別室で待機しています。

ピー・・・パチン。ピー・・・パチン。そして人が焼けているにおい。

 

このレーザー治療は皮下のメラニンに反応するとの事でした。

一回の治療で出来るのは10~15cm四方位の大きさです。光を見ないように目の周りを。暴れないように手足もグルグルにタオルで巻かれています。

この体験がウチの子にはトラウマで、タオルで簀巻きにされたりすると尋常じゃなくおびえ泣きだしてしまうのでした。(>_<)

約一時間、治療が終わって戻ってきてもぼーっとした様子。

少し時間が経つとポカリスエット等のスポーツ飲料の許可が出てなんともなければ帰れます。

麻酔は結構きついのか合わないのか、3歳位になると吐くことも度々ありました。

 

しかし本当にきついのが術後です。

治療後の皮膚は火傷と同じ状態です。

ジュクジュクした傷に薬を塗りカットバンを貼り合わせて大きな絆創膏にしたものをはり、朝晩替えます。

当然痛くて泣きじゃくります。傷が治るまで約一週間。毎日辛かっただろうなと思います。

 

そうやってがんばって治療をしても・・・すぐには消えないんです。

治療後少し経つと少しアザが薄くなっていきます。ですが、一度や二度の治療ではまだまだ全然。

何度治療したら綺麗になるんだろう?・・・でもやめるわけにはいかない。

高額な治療費に泣き叫ぶ子供。どこまで続くのかわからない治療に不安ばかりが募っていきます。

 

 

f:id:chiatan315:20170325154603j:plain

2歳の娘と姪。3歳の息子。治療の合間は元気にはねまわっています(笑)。

歳を重ねる毎にだんだん記憶も薄れてきました(おばあちゃんみたいですね(-_-))が、いつもおりこうさんだった気がします。娘は問題児でしたが(笑)

振り返るとホントあっという間。子育ての時間は大事に楽しんでくださいね。

 

www.world-is.com