ずぼら主婦のハッピーライフ🍀

好きなことは『お得』『美食』『旅行』『友達とおしゃべり』『ギャンブル』『FX』『映画』『海外ドラマ』

無料でディズニー!無料で家族旅行にいく方法!月5万円のへそくり!はここから

【酪農おしごと】バカンスと出世

 

さて。いよいよ明日から修行へ出掛けます(笑)

その前におしごとですよ

 

今日は牛のバカンス出世についてです。

 

雌牛は産まれて1年位から人工授精を始め、プレママになります。

人間と似た妊娠期間、そして発情も周期があります。

21日周期の発情、そして280日の妊娠期間を経て出産となるわけですが

経産牛は280日のうち60日を幹乳期間としてバカンスを過ごすことになるんですね

妊娠220日頃、幹乳(ドライ)といって搾乳のお仕事はお休みになります。

最近ではドライにしない方が乳房炎等の感染症にならないとか

1ヶ月位の方がいいとか色々な方法があります。

理解してるのかしていないのか。

バカンス舎に行く牛達はおおはしゃぎして行きます。(^_^;)

そして分娩予定の2週間前程に、搾乳群に戻し搾乳牛用のエサや環境に少しずつ慣らしていきます。

正味6週間位ですが、バカンス🌴🌺とは羨ましいかぎりです

 

そして出世。

ウチはロボット搾乳がメインです。(全体の3/5位がロボットで後は普通に人間が搾ります。)

若牛は分娩後ロボットへ移動するのですが、全頭が行けるわけではありません。

ウチの出世コースへの基準

  • 乳の形が適している。

ロボットには高さの上限があります。経産であれば年々下がってくるんですが、

若牛は乳の位置が高い牛が多く

最近はパーラーで搾る事を想定している改良のためか、位置の高い牛が多いです。

そして、幅も重要です。乳頭の間隔が狭すぎたり広すぎたりしてもロボットに認識されにくいので、失敗が多くなります。

失敗が多いと牛乳が搾れないので乳房炎にもなりやすく、また乳が張るのでストレスにもなります。

そして、案外侮れないのが【いぼ】

なんでしょう?人間と違ってこういう研究ってされないのか、原因はよくわかりません。いぼがあると痛いらしく、搾乳を嫌がったり、取れると出血したりします。自然に良くなることもあります。

  • しぶくない。(笑)

搾乳に時間がかかります。ロボットの場合、ゲートに拘束されるので

搾乳時間が長時間になると牛のストレスになります。

また、牛群が増えてくるとロボットの空き時間が減り好きな時間に搾れなくなる牛が出てきます。

  • 牛の性格

あまり神経質すぎたり、足癖が悪すぎてもダメだし、大人しすぎてもダメです。

牛社会は雌同士であっても実力主義

何もかも強い牛が優先なんです。

ロボットに出世している牛はいわばエリート。 

基本的に元気でタフな牛の群なので、気弱な牛は順位争いに負け

食事も寝床も端っこ。搾乳も行きたい時に行けるとは限りません。

足癖の悪さはロボットのためですね(笑)

ロボットだって壊れます(>_<)

 

という理由から、元気がよく健康的でなおかつ搾乳に意欲的食欲旺盛な牛が出世していくわけです。

反対に、ロボット牛舎にいててもさぼりがちだったり、体調を崩してしまったりすると首になります。

そうなった場合は、人間が搾る方の牛舎に戻ります。

元気な牛もいますが 大体はおっとりとした少し歳をとった牛が多い牛郡です。

 

と、もちろん全部うちの場合です。

酪農家のやり方は酪農家の数だけあります。何年も同じことをしていて当たり前に思っている作業も

酪農家同士で集まって話してみるとびっくりされたり、びっくりしたりが本当に多くいつも楽しませてもらっています(笑)(●^o^●)

 

f:id:chiatan315:20170327161209j:plain

 まだ現役ちゃんなので一応番号は伏せておきます(笑)

いつかお肉になったときはこの耳標でこの牛がどこのどの牛でどういう経歴をたどってきたかが調べられるようになっています。

スーパーに並んでいるお肉のパックの裏側に番号が記載されていますので興味がある方は検索してみて下さい。

 

 

www.world-is.com

 

 

www.world-is.com