読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら主婦のハッピーライフ🍀

好きなことは『お得』『美食』『旅行』『友達とおしゃべり』『ギャンブル』『FX』『映画』『海外ドラマ』

無料でディズニー!無料で家族旅行にいく方法!月5万円のへそくり!はここから

【しあわせになるためのルーティーン】第三話 転落人生

前回まではこちら♪

 

www.world-is.com

 

なんだかんだと結婚生活も2年

 

そして初めての子を妊娠。20歳で長男、21歳で長女を出産。

慣れない育児ではあったけど、義両親の助けもあり何とかやっていました。

前夫は『子供が小さいうちは家庭に。』というタイプの人で

私もそれには賛成でした。

私自身、子供の頃母が仕事に行くので何となく淋しかった記憶があったのです。

 

1人目の子供を出産して半年過ぎないうちに2人目を妊娠。

そして、長男のレーザー治療が決まりました。

今は保険がききますが、当時はまだ認められておらず

1度の治療に交通費等も含め15万円。それが2ヶ月毎です。

元々貯金もない状態での2人目の妊娠。出産費用がなくても

出産一時金が支給されるので、何とか出産は問題なく出来ましたが

生活は本当に苦しい状況でした。

住んでいる実家が酪農家だったので、生活費として家に入れていたお金を

義両親に頭を下げて免除してもらっての居候の生活でした。

 

そんな時、前夫が言い出したのは

『自分で工場やるわ』

彼は溶接工として約10年の経歴がありますが、職人としてはともかく

自営業となれば自分で営業にも回らなければならず、到底そんな事が出来るとは思えませんでした。

そして何より、子供の治療に多額の費用が必要なのに・・・しかも終わりは見えない状況で。

 

それでも私には彼を止めることは出来ず、当然どんどん家計は悪化していくのでした。

 

お義父さんとお義母さんで酪農をしていたため、食べるのには困らずに過ごせました。

年に一度の子供の学資保険は私の母に出してもらい、それでも私達の生命保険やこどものおむつや衣類。何より治療費がかかります。

 

働きに出よう。そう決心するのに時間はかかりませんでした。

しかし、二人目を出産して半年を過ぎた頃。突然 義弟が離婚して帰ってきたのです。

嫁は小学生からの親友でしたが寝耳に水。

最初は義弟が働かない。生活が苦しいと訴えていたんですが、長年の付き合いで私は気付きました。

彼女が浮気をしているのだと。当然義両親を含め前夫も義弟も激怒。

話し合うのも嫌になったらしく、即離婚してしまいました。

 

そして、離婚から2カ月。彼女から連絡が来て義弟が行ってみると・・・。

ひどい状況だったようです。上の子は給食があったのですが、下の子はまだミルクが必要な赤ちゃん。

近くに祖母はいますがアル中で子どもなんて預けられない状況。おもちゃがうるさいと実の子を蹴り飛ばすような母。

義弟は下の子を連れてきました。

頬は鼻水でカピカピで真っ赤に荒れ、おむつもずっと替えてもらえなかったのか皮膚が剥けて真っ赤になっていました。

予防接種もほとんど受けていない状況。

今でいうネグレクトでした。

離婚して新しい彼氏が出来ると子供を放置、虐待。よくある話ですが、なんなんでしょう。

 

ちょうど下の子と一週間しか違わない誕生日。

義弟も仕事があるので私が夜まで一緒に面倒をみることになりました。

周りからは双子と間違われましたが、それでいいと思っていました。

しかし、心の中は複雑で常に葛藤していました。

かわいい自分の子達。もちろん義弟の子もかわいいんです。でも我が子のようには愛せず、そんな自分にイライラしていました。

周りの人からは『自分の子と同じように育ててえらいね。』そう言われてきましたが、

自分だけが知っている【同じ】ではないと。

もちろん赤の他人の子供よりは全然かわいいです。でも・・・なんですよね。

今は連呼してますが、

『ウチの子かわいいよねー♡(●^o^●)』

そう言うことも思うことも出来ず本当に苦しい毎日でした。

 

一年が過ぎ、下の子達も2歳。

春になって保育所に入れることにしました。

そうしてやっと私が働けるようになり、少しは楽になるかと思っていました。

外に出ようかと思いましたが、義父の提案で酪農の手伝いをすることに。

昼間の作業を2時間くらいと夕方1時間位。搾乳はお義父さん一人でやっている家でした。

月5万円の他、車の燃料費、生活費は免除。

義父なりに色々気を使ってくれていたようです。

時々喧嘩もしましたが、困った時はいつも義両親が助けてくれました。

そして前夫はというと。仕事は半年間休み。夏の間だけ以前の会社で付き合いのあった鉄工屋さんがつかってくれました。

年収180万円の生活で治療費は90万円。そこから保育代や養育費を引くと・・・

到底足りません。義父に頭を下げ、返すあてもない借金をしてもなお足りません。

唯一持っていたクレジットカードのキャッシング枠もすでにいっぱい。

更に、その支払いが毎月の出費としてかさんでくるようになり

完全に自転車操業。そしてサラ金(死語ですか!?笑)と絵にかいたような転落人生。

 

私は生命保険を解約しようと保険屋に行きました。

そこには親戚のおばさんがいて、『そんなに苦しいならここで働きなさい』と言ってくれました。

当時保険屋は結構就業規則が自由で、朝から毎日出社しなくていい事。(厳密には会社に寄らずに営業に回ってもいいという事でした。)

入社から半年は成績が悪くてもお給料がもらえること。

私は午前中酪農の仕事をし、昼前に出社。夕方酪農の手伝いをして、家事全般をやっていました。

 

保険屋の仕事は思っていたより気楽で、近所の酪農家にお願いをし

月に一本契約を取って行きました。もちろんガンガンとってもいいんですが、最低限の収入で出来るだけ長くもらった方がいいと教えてもらったのです。

それでも前夫は変わらず。何とかギリギリ生活していける収入でしたが

借金がここでどんどん生活を圧迫するようになって行きました。

サラ金の利息を払うために他のサラ金で借り、更に利息を払うためカードでキャッシング。

当然長くは続きません。

そして私の起こした事故で、すべてが発覚したのです。

 

f:id:chiatan315:20170325153319j:plain

離婚する直前の写真。プックプクのムッチムチなレディ達。どうしてもっとゆっくり大事にして行けなかったんだろう。と今でも思い出すと切なくなります。

現在・・・近所にお嫁にきました(笑)同じ酪農家としていつか話をしたいなと思います。